Swingyの音楽日記

ジャズピアノの演奏・レッスンと、それに関わる身体動作について研究・練習していることなど

上達のコツについて・2

上達のコツについて・1の続きです。


多くの人の「慣れたやり方」にどんな問題があるのか。


多くの人にとって、慣れたやり方なのが、「とにかく弾いて弾いて身体で覚える」。

しかしこの方法では、自分では気がつかないちょっとした間違いや、悪いクセが、弾けば弾くほど身体に染み込んでしまうことがあります。また、年を取るにつれ、子供の頃できたことができなくなることが多いようです。

・子供の頃は数回弾いたら身体が覚えてくれたのだけど、最近はそれができない。

・ちょっと前まで、覚えたものは暗譜でも譜面が目の前に浮かんだのだけれど最近は浮かばなくなった。など。

もしそのように能力が衰えていなくても、体で覚えこむ練習だけをしていると色々と問題がでやすいのです。

 

#一度ミスったら、止まってしまう。止まってしまったら、途中からでは弾き始められない

#練習中の曲は弾けるけど、半年前にやった曲はもう弾けない。

#初見はほぼ無理。

#アレンジを変えられないばかりか、テンポも雰囲気も変えられない。

#誰かとの共演中、拍がずれても戻れない。

#我が道を行く演奏になるので、共演者との一体感が出ない。

ということになってしまいがち。

 

身体に染み込ませることは確かに必要です。

本当に必要です。

しかし、その曲の仕組み(メロディー、ハーモニー、リズム、曲の背景)を理解したり、自分の心身の状態を把握したり、動きを丁寧に確認したり、といったことを繰り返し行うことも必要です。

 

僕のレッスンでは、まず初歩のスケールやコードを覚える段階で、目と耳と手と、そして言葉をフル活用して、身体と脳を結びつけるということをしっかりとやっていただいています。

 

すると、弾くべきことを手が忘れてしまっても、目が覚えていたり。目が忘れていても、耳が覚えていたり。手も、目も、耳も忘れていても、言葉(ミソドだったなという風に)が出てきて助けてくれたりします。特に言葉は有効だと感じています。言ってみれば、セーフティネットが張られていくのです。その上で身体に覚えこませたり、理論的なことを学んだりしていきます。


こういったことを丁寧にやっていると、上記で#をつけた項目がそれぞれできるようになっていきます。さらには音楽の楽しみが、広くも深くもなると思いますし、共演者ともいい関係が築けるようになっていくと思うのです。ぜひともチャレンジを!


スポンサーサイト
  1. 2016/11/16(水) 23:03:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad