Swingyの音楽日記

ジャズピアノの演奏・レッスンと、それに関わる身体動作について研究・練習していることなど

他の楽器も体験しよう!

「ドラムをやってみて」

僕のレッスンでは、ほぼ全員にドラムもやっていただいている。
ある時、ジャズ研に入っている大学生が、
「この前、はじめてセッションでドラムをやってみたんですけど、
そうしたら、ピアノを弾いている人の音を聴くのがすごく新鮮
でしたし、その後、自分がピアノを弾いたときにも、いつもと
音が違ってきこえました。」

との報告をいただいて、とてもうれしかったです。


「ベースをやってみて」

たまにベースをやっていただくこともある。
すると、いかに大変な楽器であるか、すぐにわかる。
まず、どこが「ド」かわからない。
しっかり押さえてしっかり弾かないと音が出ない。
そして、すぐに手が痛くなる。
5分と持たずに音を上げることがほとんど。
10分もやったらマメができ、皮がむけ、、、
「ベースってこんなに大変な楽器だったんですね。
ベーシストってスゴイですね!」となります。
そういう体験をした後で、ベーシストと一緒にやると
ベースの音も良く聞こえますし、ベーシストのことも
尊重することができ、スムーズな共演ができることと
思います。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/01(火) 12:29:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad