Swingyの音楽日記

ジャズピアノの演奏・レッスンと、それに関わる身体動作について研究・練習していることなど

受け身同士のコミュニケーション

身体教育研究所、野口裕之先生の公開講話を聴いてきました。

日本の文化と西洋の文化の比較から、日本の身体文化へと
お話は進みます。

面白かったのは、
「明治になって、能動的、積極的に行動することを良いとする
近代西洋式の教育をするようになるまで、日本ではお互いに受身で
コミュニケーションをとる珍しい文化だった。」
という話。

そして受身な触れ方の実習

人に触れる時、人をどうするこうするではなく、
人に触れることで、自分の中に生まれる動き、変化を感じる。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/13(月) 21:15:19|
  2. 心と身体
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad