Swingyの音楽日記

ジャズピアノの演奏・レッスンと、それに関わる身体動作について研究・練習していることなど

ナンバ歩き

ナンバ歩きができるようになってきました!

ナンバ歩き、あるいはかつての日本人の歩き方には
諸説あり、はっきりはわかりませんし、色々あった
かもしれませんので言及を避けますが、とりあえず、
左右同じ側の手足が前に出るのを「ナンバ歩き」と
呼んでおきます。

盆踊りや、相撲でのスリ足が、手足同じ側を前に
出すナンバの動きになっているそうです。

階段を上るときに、ナンバ歩きが楽だと聞いたので、
階段を上るときに、いつもナンバで上っていました。
また、少し前に書いたように、「胸から下は足」
というイメージもセットでやっていたら、だいぶ
慣れてきて、平地を歩くのもナンバで歩けるように
なりました。

もっぱら自己流でやって、たどりついたやり方は
以下のとおり。

1st Step
手と足は、同じ側を前に出すということだが、
手は、振りはしない。

手は、足の付け根の前でグー。

足を開いてかがめば、そのまま相撲の、
ハッケヨーイの構えになる(笑)


そして、缶ぽっくり。

缶ぽっくり、ご存知ですよね?
缶は無しで、あれをやる。
エアー・缶ぽっくり。

腕を丸ごと上げるのではなく、肘から先だけ上げる。
そうすると、大腿骨と、手の肘から先が平行に動く。


2nd Step
今度は、手(肘から先のみ)を上げるときに、
その手を外に向けて回転させる。

もう一方の手は、逆に内に絞るように回転させ
ながら下へ。

帯をギュッと締めるような動きです。

左足を出すときに、左手を外に上に回転。
右手は、内に下に回転。

それを、歩きながら左右交互にやると、踊って
いるみたいで、ノリノリな人に見えます(笑)

歩き続けていると、
上げる手が、足を持ち上げているようで、
下げる手が、足を下に押し込んでいるようでもあり、
結構力強いです。

なるほど、山や田畑の多かった日本にぴったりだな
と感じました。

缶ぽっくりや竹馬も、左右同じ側の手を前に出し
ますから、ナンバ歩きをしていなければ、生まれな
かった遊び道具でしょうね。

手の位置は、もっと上でもOK。
胸の前でぐるぐる回すと踊ってるみたいで楽しい
ですが、ボクシングのまねごとをして、
「おらおら、かかってこいよ」とやっているようでも
あり、そう受け取られると危険ですね(笑)


振り返ると、最初に書いた、階段を上るときの練習
以外にも、ナンバができるようになる伏線は色々
あったことに気がつきました。

2年前に甲野善紀さんが、腕について、肘までが
自分で、肘から先は自分じゃなくて道具と言って
いたのを聞いて、では、足も膝から下は自分じゃ
なく、竹馬か缶ぽっくりに乗ってるようにして
みようと試したこと。

去年から足袋シューズを使って、股関節を緩めて
歩いていること。

最近、しょっちゅう上腕を横にブラブラさせて、
肩がとても緩んできたこと。


股関節を緩めて歩くと、左右同じ側を前に出しては
いなくても、着物を着こなしてるの歩き方や、神輿
を担いでいる人の動きに近くなります。

つまり、ナンバというのは、左右同じ側を前にだす
ということ以上に、股関節、膝関節など、足の関節
を緩めておくことが肝なのではないかという気が
してきます。

しかし、緩め過ぎれば地面にベタっとなってしまう
わけで、足の関節を、「脱力する」というよりは
「弾力を保つ」とか、「俊敏に動ける状態を保つ」
表現した方がうまく伝わるかもしれませんね。

股関節の弾力。
神輿を担ぐ時の歩き方などは、弾力をふんだんに
使った歩き方。
よそ行きの着物で、スッと歩くのは、弾力を感じ
つつ、抑えた歩き方。
現代の西洋式の歩き方だと、股関節の弾力は、もう
放棄している感じ。

しかし、ヨーロッパの方が先に道路や家屋が整備
されて、それにつれて現代のスマートな動きになっ
ただけで、1000年2000年遡れば、ヨーロッパだって
もっと野生的な(俊敏だったり、力強かったり、
躍動的だったりする)動きだったようです。

音楽もまた、それらに連動した変化をたどっている
のでしょう。

◆参考

映像を探したら色々ありましたので、ご紹介します。



●日本伝統の歩行法、ナンバ歩きで脳の活性化!
(盆踊りや、相撲での動き 8分過ぎから実演)


●(株)ミズノ 上野さんのナンバ歩き講座  
 (12分から実演)

僕はまだ、四六時中ナンバ歩きをしているわけでは
ありませんが、やるときは↑と同じやり方。

↓こんな風にできたらかっこいいですね!

●甲野善紀さんのナンバ歩き (30秒~実演) 

スポンサーサイト
  1. 2013/05/22(水) 11:42:59|
  2. 心と身体
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad