Swingyの音楽日記

ジャズピアノの演奏・レッスンと、それに関わる身体動作について研究・練習していることなど

重い鍵盤

昨日は、これまでにもお世話になっている長谷川智先生の
「ピアニストのための身体調整術」に行ってきました。

「まずは背骨。
これを整えられるようになれば、何事もうまくいく。」
ということで、今日はそれを訓練していました。
(いつも背骨の体操はしていますが、昨日教わった
ことをヒントにして違ったやり方も。)

演奏もそれを意識して、ということだったのですが、
今、僕がやろうとしていることとは違っていて、
両方を同時にやるのが難しい。困った。

夜は、生徒の初セッションを見守ることも兼ねて、
某ジャズクラブへ。

そこのピアノは鍵盤が重くて、僕にとってずっと懸案。

今日は、順番を待っている間に、背骨を整えておいて、
演奏するときは自分流でやってみました。

そしたら、2曲目の演奏の時には重いと感じずに
普通に鍵盤が下がってくれて、ちゃんと音が鳴って
くれました。

いや~、うれしい! 初めてだ!
筋力でなく、技術でできたのがまたうれしいです。
(筋力も少しずつつけるつもりですが)

初セッションの生徒も、「とっても楽しかった」
とのことで、めでたしめでたしです。
やっぱり初めの印象は残るでしょうからね~。



すでに終了していますが、講座案内のページ
(またやりそうな雰囲気でした)
「ピアニストのための身体調整術」


スポンサーサイト
  1. 2013/04/15(月) 00:52:44|
  2. 弾いてる(練習、ライブ、動画)
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad