Swingyの音楽日記

ジャズピアノの演奏・レッスンと、それに関わる身体動作について研究・練習していることなど

音楽家のための身体操法講座2011.6.17

2011.6.17
音楽家のための身体操法講座 
~甲野善紀先生をお迎えして~

例によって、色んな武術の技、特に最近進化したこと
などを中心に披露しつつ、お話が進む。

真剣の切り返し、以前は、人の顔のそばで右から
左へと切り返していたが、最近、「速すぎて自分でも
見えないからちょっと怖い」とのことで、持ち上げた
棒にたらした布に向かって、それを披露。

ここから徐々に音楽に取り入れられることを書いていきます。

◆前回、「自分の手は、肘までだと思って扱う」というのが
あったが、今回、それに加えて、

手は「やりかけパー」(半開き)の状態で使うと良いというアドバイスあり。


◆先生がイスに座り、手を太もも横に、手のひらを下にして置いた。
先生より明らかに重たい人が、しっかり体重を載せて、その手を押さえつける。
力で持ち上げようとしても、その手は上がらない。

ところが、肩車をするつもりで、一度身体を沈め、頭も下げて、
そこから、肩車した人もろとも、その手を持ち上げるようにすると、
なんと、軽々持ち上がってしまうのです!

面白そうなので、後で色々試しました。
重心がググッと下がり、とても力強い身体になりますよ!

僕が発見したオリジナルと思っていたことも、この講座の
中であっさりでてきてしまいました。

一つ目

3年前に左手親指と人差し指の間をねんざしたあと、
ドラムのスティックを、人差し指と中指の間に挟んで使うと
腕の動きとしてもとても楽なことを発見していました。

この講座の中でも、チェロの方に、弓を持つとき、まず、
人差し指と中指の間にはさみ、それから、人差し指をずらして
親指を添えると良いという話がでました。


二つ目

昨年11月に講座に参加したとき、
甲野先生が、「20代の頃、できるようになったらいいなと
思っていたことが、まさか60代の今になってできるように
なるとは、思いもしなかった。」
とおっしゃっていたので、僕も絶対できそうにないことを
考えてやってみようと思い、「ピアノの鍵盤が勝手に動いて
鳴ってくれる」というイメージを持つようにしていた。


すると、この日、初めて参加されたピアニストさんに、
細かいアドバイスをいくつかしたあと、
「ピアノが勝手になってくれるような感じでふわっと・・・」
とおっしゃった。

斬新な発想だと思ったのに(笑)

昨年11月に参加したときの日記


そうだ、昔、佐藤允彦先生にピアノ等を教わっていた頃、
自作の、とっても個性的だと思っていた曲を聴いて頂いた。
・・・実際、生徒に聴かせたときには、「こんなの聴いたことない!」
って反応があったのだが・・・
佐藤先生は「こんなどこにでもあるようなもの作ってどうするの?」
とおっしゃった。

いったんは困ったが、その後、全く違うものを作る契機になった。
これは絶対他にはないだろうと思った。
しかし、それもまた、よく似たものを作っている人がいたんだなぁ(笑)。


◆イメージによる演奏の違いを録画して、YouTubeにアップしました。
  ↓ ↓
ピアノの練習:イメージトレーニング11.06.19

イメトレその1 「ピアノの鍵盤が勝手に動いて鳴ってくれる」というイメージ
イメトレその2 人を肩車している状態というイメージ

スポンサーサイト
  1. 2011/06/24(金) 15:36:46|
  2. 弾いてる(練習、ライブ、動画)
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad